アケミ写真館3代目のBIKER'S LIFE日記
アケミ写真館3代目によるバイク人生の自由奔放な日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第57話 ガソリンスタンド
本来の流れで走り出したあたりで
ようやくまわりの景色が見る余裕が出てきました

うわ~、俺3号線走ってるやん...

三号線は制限速度が時速60kmです
教習所で30kmしか経験してない僕が
いきなり倍の60kmのスピードを出さないといけません
アクセルをさらに回します
スピードが出て身体に今まで受けたことのない風の感覚がありました
ヘルメットが風で後頭部くらいまでズレて
ちょっとしたヤンキーみたいな被り方になってしまいまいました

やべ~!!持ってかれる~~~!!

僕の下宿まで片手はヘルメットを支えた状態で走りました
もっと締めとかなあかんかったな...

スタートに手間どったものの、無事下宿に到着

僕「熊ちゃん、ありがとう!」

熊ちゃん「真平、顔笑ってたよ(笑)」

僕「えっ、ほんまに??(笑)」

冷静は装っていたものの、やはり興奮が顔に出てたようです

僕「俺ちょっと走ってガソリン入れてくるわ」

納車のときにガソリンがあまり入ってないからすぐ補給するように言われてました

熊ちゃん「ついて行こうか??」

僕「いや、いつかは1人で行かなあかんから1人で行くわ」

とりあえずガソリンは入れなあかんこともあったんですが
それよりも走りたい気持ちのほうがありました
とはいっても初めての乗車なんで右折は出来るだけ避けて
左折ばかりしてガソリンスタンドも左折で入れる所を探してガソリンを入れました

店員さん「いらっしゃいませ~」

そーいやガソリンを入れるのも初めてやったっけ、
何て言おうか...

僕「とりあえずレギュラーを入れてください」

なんで「とりあえず」って言ってしまったのか?
居酒屋じゃあるまいし...

店員さん「満タンでよろしいですか?」

僕「え~っと...はい、いいぐらい入れてください」

「いいぐらい」って何やねん...
もう全てが初めてだらけです
タンクを開けるフタも恐る恐るといった具合でした
何もかもドキドキしながら
でもここで慌てたらカッコ悪いから精一杯平然を装って
初乗りで行ったとこはまぎれもなくガソリンスタンドでした

余談ですが、当時はガソリン満タン入れても1,000円でおつりが出るくらいで
当時は1リットルあたり90円を下回って88~89円ぐらいでした
時代の流れといえばそれまでなんですが
今のことを思えば当時は安かってんな~...
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://akemi1938.blog87.fc2.com/tb.php/65-0016fcd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。