アケミ写真館3代目のBIKER'S LIFE日記
アケミ写真館3代目によるバイク人生の自由奔放な日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第22話 1枚のプリクラ
夏の終わりとはいえ、さすがに夜の浜辺で2、3時間近く話してると身体が冷えてきます

「え~~っ!もうこんな時間!!??」

時間は夜中3時を回ってました
なんか楽しい時間なんでほんまにあっという間に過ぎていった感じです
僕は学生なんでまだまだ大丈夫やったんですが
お二人は働いてたんで帰ることになりました
さすがに僕のお尻もハーレーの振動で軽~く痛くなってきたんで
帰りは片手で後ろのシーシーバーを掴んでお尻は浮かした状態で帰りました
行きは目的があるから乗ってる時間も長く感じたんですが
帰りは「帰る」目的しかないからあっという間です
僕の下宿の近くに着いて2人と別れました
2人が見えなくなるのもあっという間
それからシャワーを浴びて寝床に就いたんですがお尻がジンジン痛みます
未だに興奮が取れません
あのハーレーのエンジン音
加速のときの身体が持っていかれる感じ
ヘッドライトを消して走った海の中道線
小さい身体で僕を乗せたハーレーをスイスイ運転するタエコさん
ほんの半日ほどなんですが、どこか旅行に行ってきたような感じで
全てが本当に楽しい時間でした
翌日になるとお尻の痛みはさらに悪化
授業中も普通に座れませんでした(笑)
痛みは痛みでもちょっと違います
思い出の痛みとでもいうんでしょうか?
ふと思い出して財布に入れてあったあるものを取り出しましたIMG_1356_20110329164306.jpg
移動中に立ち寄って三人で撮ったプリクラです
みんな楽しそうです

今にして思えば、この三人との思い出が僕のBIKER'S LIFEの原点になっています
このBIKER'S LIFE日記を始めるにあたって一番に探したのはこれです
今考えてもこのとき写真撮っとけばよかったな~と未だに後悔しています
このプリクラを見るとあの時の興奮が蘇ってきます
僕の大事な写真のひとつです

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。